読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cut cat cut

のんびり趣味とか思う事書きます。たまに短編とか書きます。

御客様は神様?怪物?

こんにちは白井です。

最近暖かくなってきて、やっと春の訪れを感じます。

(花粉症はひどくなる一方)

 

営業マンをしていると、色んな人と接する機会が多くあるのですが、人より多く接する分、何かと思うことも多いのです。

 

建築学生時代、バイトしていたコンビニの関西人オーナーがよく

「お客様は神様や、丁重に扱わんとバチあたるで!」と教えてくれた事をたびたび思いだします。

 

特に営業職のような、顧客と距離の近い仕事をしている人であれば、神様...?と疑問符がつきますよね(笑)

 

もちろん、神様のように思える素敵なお客様もたくさんいますが、クレーマーに近い人も一定数いるのが現実。

 

神様と崇められるものが、他方面からすると怪物であるように、

神様も怪物も紙一重なのかなとも個人的に思います。

 

営業マンにはこうあって欲しい、こういう人は愛されるって記事はよく見ますが、お客様がこうだったらな、こういう人ならいつもより気合入るなってのはないですよね。

駄文と、ないものねだりが続きますので、気分を害された方が居たら読むのをお辞め下さい。申し訳ないです。

 

以下、営業マンがされて困る事TOP3と、

嬉しい事TOP3を独断と偏見で書きます。

 

・営業マンがされて困る事TOP3

1位:過度の値引交渉

2位:アポのすっぽかし

3位:過度な見積もりの再要求

 

過度な値引交渉の中には、必ずと言っていいほど他所(大抵ローコストや国外メーカー)と比較することがあります。

比較はもちろん大切ですが、違うものを同じような値段にというのは不可能です。仕様や性能も併せて確認してみてください。

 

次に、アポのすっぽかし。

どうしても外せない用事が入ったなら仕方ないとは思います。

しかし、営業もそのための時間を作っており、

他の仕事や進捗日程の兼ね合いもまたやり直しになります。

この日時なら確実って日にちを指定してあげてください。

 

過度な見積もりの要求。

見積もりは無料だからと思われていますが、

社員や取引先の人件費はかかってます。取れなきゃ赤字です。

社内で済む見積もりであればまだいいのですが、

ほとんどは卸業者や施工業者にも見積もり依頼が必要なものです。

あげくポシャれば営業は全方面から詰められます。

助けてください。(切実)

 

暗い話はこのあたりにして、嬉しい事TOP3に移ります。

 

・営業マンがされて嬉しい事TOP3

1位:引渡しの際に、うれし涙を流される

2位:打ち合わせを夕方(夕飯前)に指定される

3位:夏場に珈琲でなく、ジュースを頂く

 

引渡しでうれし涙を流させたら一流。

なんて事を前に勤めていたメーカーで聞いたことがありますが、

うれし涙はとてつもなく嬉しい。(日本語不自由)

それまでの仕事がすべて報われた気がします。

(僕はよくもらい泣きします)

 

次に夕方の打ち合わせ。なんでこれが嬉しいのか、

分かりにくいので簡単に解説すると、

夜にやる事務作業がなければ直帰できるからです。

夕飯に食い込むと申し訳なさで禿げちゃうので、

終わりが夕飯前くらいになる時間からがBESTです。

 

最後に夏場のジュースですが、

歩き回って乾いた体にはコーヒーよりも、

甘いジュースを頂けたらもうそれだけで気力が戻ります。

もし、おもてなし頂ける場合はジュースをぜひ...

 

ほぼ愚痴のような駄文にお付き合い頂き、

ありがとうございました。それでは。